banner

財布の役割

財布はほとんどの人がいつも身につけているものであり、お金が必要な社会にあっては欠かすことのできないもののひとつです。
中には直接ポケットお金を入れ、また現金は持たないという人もいるようですが、多くの人にとっては必要です。

財布の役割の基本は紙幣や硬貨といったお金を入れておき、家に置いておいたり外出時に持ち歩いたりすることです。
お金以外にクレジットカードやプリペイドカード、商品券などといったように、お金と同じ役割を果たすものも一緒に入れている人も多くいます。
さらに、買い物をするときに使うポイントカードやサービスカードなども、お金と一緒にあれば便利ですから、多くの人が財布に入れています。
収納ポケットが多い財布を持っていれば定期券や診察券、運転免許証、パスポートなども一緒にしている人がいて、また買い物をしたレシートも一時的に入れておきます。

財布にはいろいろなタイプのものがあり、デザインもさまざまです。
お金やお金に準ずるものを保管したり携帯したりするという以外にも、ファッションアイテムとしても大きな役割を果たしています。
また、財布を選ぶときには風水を考慮して選ぶという人が多いように、金運をアップさせるためのアイテムという面もあります。

コンテンツの続きはコチラ

風水との関係

詳しく見る

財布の使い分け

詳しく見る

財布の役割

詳しく見る

Copyright(c) 財布を多角的に研究します. All Rights Reserved.